国際診療センター

「ソウル聖母病院の国際診療センターにようこそ!」

ソウル聖母病院

専門診療と研究に励んでいるソウル聖母病院は、7つの病院と1つのアメリカ支社(ロサンゼルス、海外患者のための医療サービス関連情報の提供や診療調整)、カトリック医科学研究院をはじめとするカトリック医科大学連携病院の一つであり、国際医療界で先導的な役割を果たすために継続的に努力しています。

ソウル聖母病院は、41の臨床科と183の専門クリニック、23の専門臨床センターを含む包括的診療システムを備えています。

国際診療センター

国際診療センターでは、熟練した医療スタッフが韓国に住んでいるか、韓国を旅行中の海外患者だけでなく、治療のために韓国を訪れる海外患者に質の高い医療サービスを提供しています。

医療スタッフとサービス

国際診療センターには、英語、ロシア語、日本語、フランス語、中国語、韓国語でコミュニケーションが可能な医師、看護師、コーディネーターたちが勤務しており、外国人や海外患者に必要な診療と健康関連のすべての情報を提供するために最善を尽くしています。

国際診療センター長であり、フランスで生まれて教育を受けた1次診療医であるオク・ジンジュ(Ok Jin-Ju)博士は、海外の患者に1次診療と基本健康診査、旅行前相談や診療(旅行前に必要な熱帯性疾患の予防、予防接種、抗マラリア薬のような薬の処方と関連情報)を提供しています。

ワン・ソンミン(Wang Sheng-min)博士(韓国で生まれた中国人であり、韓国語、中国語、英語に非常に堪能)は、韓国精神科専門医の資格を持っている医師であり、1次診療と精神科治療および身体だけでなく精神健康のための相談も提供しています。

イ・ジヨン(Lee Ji Yeon)博士は、韓国で生まれたアメリカ人医師で、韓国と米国の内科専門医の資格だけでなく、米国リウマチ専門医の資格も備えており、海外患者の1次診療とリウマチ、筋骨格系疾患を診療します。

専門診療科や専門センターの追加診療が必要な場合は関連クリニックへ診療依頼を行い、当センターのスタッフが適切な通訳サービスや継続的な支援を行います。

Rapovka博士は、ロシア心血管外科専門医で、ロシアのVladivostok Medical Universityを卒業して、ソウル峨山病院で専任医の過程(fellowship)を終えました。ロシア患者の診療を担当しています。

効率的なワンストップ医療サービス

海外患者に、英語、ロシア、日本語、フランス語で検査、診断、治療、診断書および保険書類などの効率的なワンストップ医療サービスを提供しています。

救急医療システム

ソウル聖母病院は、即時の診療が必要な外国人患者に効果的な24時間救急医療サービスを提供しています。緊急センターは本館1階に位置しており、英語に堪能な医師たちが年間365日、1日24時間、患者の診療のために常時待機しています。

緊急事態の発生時は勤務中の医師にご連絡ください:+82-2-2258-2003~5

個別診療

各患者は、個別に熟練した医療スタッフから専門的な診療を受けることになります。 国際診療センターでは1次診療・関連検査および治療を行います。必要な場合には該当する診療科や専門センターに依頼をして適切な治療を追加で受けられるようにお手伝いいたします。